更年期の食事について

更年期には、動脈硬化症や骨粗鬆症、脳溢血などの病気が起こりやすくなります。

これは、エストロゲンという女性ホルモンの分泌量が減ることによりますが、栄養バランスを考え、規則正しくしっかりと三食しっかり摂ることによって予防することができます。

 

理想は和食が中心の食物繊維豊富な献立です。

塩分、脂肪分、糖質、カロリー控え目の食事にしましょう。

 

効果的な成分で言うと、ホルモンバランスを整える作用のある亜鉛は、牛肉やナッツ、牡蠣、レバーなどに含まれます。

また、ビタミンEを多く含むうなぎや紅花油、ニラ、ほうれん草なども良いでしょう。

さらには、女性ホルモンに似た働きをする大豆イソフラボンも過剰摂取はよくありませんが、適度に摂りたい成分です。

豆腐、豆乳、おから、納豆などの大豆製品から摂ることができます。

 

他にも、ごまやかぼちゃ、アボガド、アーモンド、柘榴のジュース、カルシウムの摂れる乳製品や小魚も積極的に摂りましょう。

たんぱく質とカルシウムを一緒に摂ると吸収率があがります。

 

更年期に効果的な食品は沢山ありますので、組み合わせやメニューを工夫して毎日の食事に摂り入れていくことをお勧めします。

ねずみ駆除 方法