更年期障害について

更年期障害は、主に卵巣の働きの衰えによるエストロゲン(卵胞ホルモン)の減少と卵胞刺激ホルモンの増加が引き起こすホルモン分泌のバランスの乱れによるものです。

 

症状としては、ホットフラッシュといわれるほてりやのぼせを始め、耳鳴りや立ちくらみ、うつ状態やイライラ、便秘や下痢、、皮膚の乾燥、肩こりや腰痛、性欲低下、視力低下など、更年期障害の症状は多岐に渡ります。

症状は個人差があり人によって様々ですが、更年期の症状だからと言って放置せず病院へ行く事をお勧めします。

婦人科を受診して正しい治療を受けることで症状が改善する可能が高いからです。

 

また、更年期障害だと自覚がない人などは、病院に行かずに我慢したり、心身に症状が現れても他の科を受診してしまい、深刻な病気を見逃してしまったというケースもあります。

やる気が起きない症状などを「怠けている」、「弱いから更年期障害になる」と理解を得られず傷つく人も少なくありません。

症状の重い人に至ってはうつ病などを併発し自殺を考える人もいるほどです。

 

更年期を迎えたら、それまで以上に自分の体に注意を払い、大切にして下さい。

少しでも症状が現れたら、我慢することなく婦人科を受診してみてはいかがでしょうか。

社内SE 中途