プレ更年期について

プレ更年期という言葉はあまり聞き慣れないかもしれませんが、プレ更年期とは、三十代後半から四十代前半の女性に更年期のような症状が出ることをいいます。

 

また、二十代から三十代の若い女性に更年期のような症状が出る場合はプチ更年期と呼ばれているようで、いずれも造語で正式な医学用語ではありませんが、最近は病院によってはプレ更年期外来を設けているところもあるようです。

 

プレ更年期の症状としては、更年期症状と同様、生理不順、頭痛、吐き気、めまい、のぼせ、イライラなどが主なようです。

しかしその原因は異なり、卵巣機能の低下やストレス、不規則な生活などによる自律神経失調の可能性が高いでしょう。

 

症状が軽い場合には、しっかりと栄養バランスの摂れた食事を3食摂ることや適度な運動、質の高い睡眠をとるなどの生活リズムを整えることで改善するようです。

アロマオイルを利用したり、ハーブティーを飲んだりしてリラックスし、ストレスを上手に解消すると良いでしょう。

 

症状がひどい場合には、早めに婦人科を受診することをお勧めします。

ホルモン療法や漢方療法などもありますので、相談してみるとよいでしょう。

 

最近では、早期閉経も増加しているようです。

プレ更年期かと思いきや更年期だったという場合もありますので、生理が3か月以上無い場合にも婦人科を受診した方がよいかもしれません。