漢方薬について

更年期障害の症状に悩まされている方は、必要以上に我慢せず漢方医に相談するという方法もあります。

漢方薬の中には、更年期障害の症状に有効な薬がたくさんあります。

以下に更年期障害によく処方される代表的なものを簡単に紹介します。

 

・当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)

 冷え性で脈が弱く、むくみや貧血、頭痛や耳鳴りなど

 

・加味逍遙散(かみしょうようさん)

 不眠や多愁訴、精神不安定、月経不順など

 

・桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)

 肩こり、のぼせ、腰痛、手足の冷え、月経痛など

 

上記の漢方薬は薬局でも購入することができますが、体質に合わない場合もありますし自分の症状に適しているかを判断するのは難しいので、やはり漢方医の診断のもと、処方してもらうようにした方がよいでしょう。

 

更年期障害は人によって症状も様々で、場合によって日常生活を送るのもしんどくやる気がでなかったり憂鬱であったりと、周りの人になかなか理解してもらえない場合もあります。

あまり我慢せずに相談してみることをお勧めします。

脱毛 エステ