若年性更年期障害について

若年性更年期障害という言葉を聞いたことはあるでしょうか。

 

若年性更年期障害とは、いわば俗称で、本来は卵巣機能低下症と言うのだそうですが、早発閉経に伴う更年期障害のことを指します。

早発閉経は、染色体や遺伝子の異常、自己免疫疾患、卵巣嚢腫(特にチョコレート嚢腫)の手術を受けたなどが原因で二十代から三十代で閉経してしまうこと言い、その際の生理不順や無月経、更年期障害に類似した症状を若年性更年期障害と言います。

 

大体、日本女性の閉経は五十歳前後と言われていますが、中には四十代前半で起こる場合もあります。

その場合には、三十代後半に更年期障害が起きるでしょうから、それは若年性更年期障害には当たらないようです。

 

もし、若年性更年期障害に似た症状が現れた場合には、婦人科で診てもらいましょう。

婦人科にて血液中のホルモン測定を行うと、早発閉経なのか、それ以外の原因なのかがわかります。

症状の一つである生理不順は、多胞性卵巣症候群などが原因の場合もあるからです。

長期間無月経の状態が続くのは良いことではありません。

場合によっては、不妊の原因になってしまう恐れもあります。

 

また、早発閉経の場合、まれに排卵が回復して妊娠に至ることもあるようですが、非常に確率が低く、予測も困難のようです。

債務整理白髪染め徹底比較