不正出血について

更年期には、ホルモンバランスが乱れることにより、大抵の女性に不正出血がみられます。

ですので、それほど心配する必要はありませんが、頻繁に不正出血が続くような場合には、産婦人科を受診した方がよいでしょう。

 

産婦人科でを受診しても異常がなければ「しばらく静観してください」「気になるようならまた来てください」などと言われるようですが、更年期の不正出血は、時に深刻な病気のサインである場合も多く、癌が手遅れになってしまうケースも少なくありません。

子宮体癌が原因で不正出血している場合、検査でも発見しにくいとも言われていますので、不正出血が続くなら、何度も産婦人科を受診することをお勧めします。

 

地域にもよりますが、一定の年齢に達すると定期的に検診が受けられる場合もあるようです。

子宮癌検診などが受けられる場合には、ぜひ受けるようにして下さい。

また、更年期や閉経後の女性において子宮体癌は増加傾向にあるようです。

以前に不正出血があった場合は、子宮癌検査の際に子宮体癌検査も受けるとよいでしょう。

 

不正出血の量が多い場合にはホルモン療法などもありますし、何より貧血だけでなく日常生活を送るのに支障がでてきてしまうので、いずれにせよ早めの受診をお勧めします。

ヴェルファイア