男性更年期について

更年期障害というと、女性の閉経の際に起きるものだというイメージがありますが、実は男性にも更年期障害は起こります。

 

主に四十五歳から六十五歳くらいに起こりやすく、理由もなくイライラしたり疲れやすい、無気力になる、不眠、頻尿、性欲の減退(ひどい場合は勃起障害)、集中力や記憶力が低下する、ほてりやのぼせなどが症状として出るようです。

 

原因は、加齢により男性ホルモンであるテストステロンが減少すること、またストレスによるようです。

男性ホルモンは二十代から徐々に減って行きますが、四十代になると加速して減って行くとのことですので、その年代に原因不明の心身の不調を感じたら男性更年期外来を受診するといいでしょう。

 

中には、男性の更年期障害を疑わない医師もおり、複数の病院を受診してもはっきりした病名がわからない場合も多いそうです。

不快な症状があるにもかかわらず悪いところはないといわれたり、診断に納得がいかない時には、男性ホルモンの血中濃度を測ってもらいましょう。

 

男性の更年期障害は、症状は女性の更年期障害と似ていますが、疲れやすい症状から気力がなくなり、勃起不全やうつ症状へと進行する場合が考えられます。

酷い場合には自殺してしまうこともありますから、放置せず早めに病院で診てもらうようにしましょう。

蛇口 水漏れフレッツ光ネクスト