アロマテラピーによるケアについて

更年期障害の辛さを少しでも軽減させるには、アロマテラピーによるケアが有効のようです。

 

更年期障害にオススメの精油は、グレープフルーツやクラリセージやスターアニス、セージ、イランイラン、マジョラム、カモミール、ラベンダー、ペパーミントなどで、香りを嗅いだり、精油をブレンドしたオイルでマッサージするとよいでしょう。

女性ホルモン(エストロゲン)と似た効果を持つ精油が良いですね。

 

マッサージの際には、必ずオリーブオイルやグレープシードオイル、ホホバオイルなどのキャリアオイルで精油を薄めるようにして下さい。

マッサージによって、香りやマッサージによるリラックス効果と皮膚からの有効成分の効果が得られ、自然治癒力を高めたり、ホルモンバランスを整え免疫力を上げるなどの効果が期待できます。

 

マッサージが難しいという場合には、湯船に精油を5〜6滴ほど入れたり、洗面器やバケツなどに精油を2〜3滴くらい入れて足浴または手浴しても良いでしょう。

他にもアロマキャンドルや、アロマポットなど手軽に試せるものもあるので、ぜひやってみて下さい。

 

尚、精油によっては、妊娠中や持病がある場合に使用を禁止されているものもあるので注意が必要です。

濃度も必要以上に濃くならないように気をつけましょう。

テープ起こし